2014年第29 回全国大会のご案内

北の都・冷涼な札幌へお越しください

第29回全国大会のご案内

第29回全国大会実行委員会委員長

大平義隆(北海学園大学)

 

会員の皆様におかれましては、ご活躍の日々をお過ごしのことと存じます。 本年度の工業経営研究学会は、9月10日から12日までの3日間、冷涼な北の都札幌にあります北海学園大学で開催いたします。多くの方のお越しをお待ちしています。

本年も、本学会羽石会長の3年間の基本方針である「工業経営研究と日本企業の再興」から、統一論題のテーマを「工業経営研究は今「何ができるのか」「何をしなければならないのか」にしたいとおもいます。このテーマは第28回全国大会テーマに酷似しています。不思議に思われる方もおられるかもしれません。私ども第29回全国大会実行委員会は会長のあげられた基本方針の中身が工業経営研究にとって極めて重要であることに思いを一致しました。そこで、昨年までの議論に今一度向き合い、それを深めるべきだと考え、テーマに継続性を持たせることにいたしました。

工業経営はどのように研究すればよいのか、研究者は何を問うべきなのか、社会からも問われることになるのではないでしょうか。我々は具体的な成果を残していかなければならないことを肝に銘じなければなりません。そこで皆様、ぜひとも昨年の大阪の熱い議論を再度思い起こした下さったうえで、涼しい亜寒帯気候の北海道にお越しくださり、学会の場で白熱した議論を続けていきましょう。皆様のおいでを心よりお待ちしています。

大会が開催される北海学園大学について簡単に紹介させてください。本学は学園創立129年をむかえる道内では最古の私立大学です。会場の豊平キャンパスには経済学部、経営学部、法学部、人文学部がそれぞれ1部2部をもち、山鼻キャンパスには工学部があります。それぞれ大学院修士・博士課程があり、加えて法務研究科があります。会場となる豊平キャンパスは札幌市のほぼ中心部に位置し、極めて利便性の高い場所にあります。札幌駅から地下鉄東豊線で3つ目、「大通」、「豊水すすきの」の次が下車駅「学園前」です。「学園前」駅はその名の通り、北海学園大学の校舎地下にあり、「すすきの」にも「大通公園」にも数分で行くことができるのです。不思議な大学ですので、どうかご覧になってください。

さて、実行委員会では、多くの会員の皆様に関心を持っていただけるプログラムを作り、ご参加くださった皆様が多くの交流の機会を持つことができる大会をめざして準備を進めております。会員の皆様、この夏は札幌へと足を向けてくださいますようにお願いいたし、開催挨拶を終えたいと思います。ありがとうございました。

  • 大会日程  2014年9月10日(水)から12日(金)
    • 9月10日(水) 見学会、理事会
    • 9月11日(木) 自由論題、特別講演、会員総会、懇親会(全日空ホテル)、理事会
    • 9月12日(金)統一論題、シンポジウム、研究分科会、理事会
  • 大会会場  北海学園大学豊平キャンパス 7号館
    • (札幌市豊平区旭町4-1-40 札幌駅より地下鉄東豊線学園前駅下車徒歩0分)
  • 統一論題  「工業経営研究は今『何ができるのか』『何をしなければならないのか』」
  • 工場見学  土谷製作所
    • 〒065-0042 札幌市東区本町2条10丁目2番35号 電話011-781-5883
    • 見学予定 10日14時現地集合 定員20名(大会申込みハガキにて受付、先着順)
タイトルとURLをコピーしました