『工業経営研究』執筆細則

『工業経営研究』執筆細則

『工業経営研究』執筆細則(PDF) 『工業経営研究』執筆細則(Word)

 

  1. 投稿原稿は専用のテンプレートを参照してMicrosoftR Office Word(2010以降のバージョンを推奨)で作成する。テンプレートは学会ホームページからダウンロードする。
  2. 投稿原稿のサイズはA4版とし、表題、英文アブストラクトとキーワードの部分を除いて2段組、各段23文字×2段×48行の横組みとする。
  3. 余白は上下20mm、左右18mmとし、ヘッダーやフッターは使用しない。
  4. 本文と参考文献のフォントは10ポイントの明朝体、数値と英文は10ポイントのCenturyを用いる。章の見出しは12ポイントのゴシック体、節(およびそれ以下)の見出しは10ポイントのゴシック体を用いる。
  5. 最初のページ左上には明朝体14ポイントで区分(査読論文、招待論文、書評、調査報告、など)を記載する。
  6. 表題は16ポイント、副題および著者名と所属は12ポイントの明朝体を使用する。英文によるタイトルと所属、氏名は9ポイントのCenturyを用いる。
  7. 著者が複数の場合は、行を変えて掲載する。
  8. 英文アブストラクトとキーワードは9ポイントのCenturyを使用する。アブストラクトは200 ワード、キーワードは 5 ワードまでとする。
  9. 脚注は本文に(注1)、(注2)のように記載し、9ポイントの明朝体で文末の参考文献の前に一括で記載する。
  10. 図や表の幅が大きい場合、2段組の設定を解除して記載(貼付)してもよい。

 

付則 1 本細則は2015年4月1日より施行する。